たまには自分へのご褒美で、美味しいかにで幸せな時間を過ごそう!

松葉ガニは獲れた所によって名前が変わるって本当!?

松葉ガニは、獲れたエリア、港によって名前が変わる!?

 

松葉ガニとは、山陰地方の島根、鳥取、京都、兵庫県で獲れた蟹の総称の事。

 

イツキ
松葉ガニは、高級ブランドとして広く知られている人気の蟹ですね。

 

松葉ガニは、エリアによって名前(呼び名)が変わります。

獲れた地方や港によって、さらに個別のブランド名とタグが付けられます。

 

京都府=間人蟹(タイザガニ)緑色のタグ

↓参考画像(間人蟹)

 

兵庫県「居山港」=津居山蟹(ツイヤマガニ)青色タグ』

↓参考画像(津居山蟹)

 

兵庫県「柴山港」=柴山蟹(シバヤマガニ)ピンク色タグ』

↓参考画像(柴山蟹)

 

兵庫県「香住港」=香住蟹(カスミガニ)緑色タグ』

↓参考画像(香住蟹)

 

兵庫県「浜坂港」=浜坂蟹(ハマサカガニ)水色タグ』

↓参考画像(浜崎蟹)

 

 

松葉ガニは、獲れた場所、港などによって、5種類のブランド名があるという事。

 

セイコ
へえ~そうだったんだ!知らなかった!

松葉ガニは、厳しいチェック、条件、審査を通過したカニ、つまり、
『選ばれたカニだけに、ブランドの色付タグ』がつけられます。

 

色々な高級な松葉ガニを食べつくしたいものですね(^^

 

次の記事へ>>>【毛ガニ】ランキング|食べやすさ&最高水準からセレクト