たまには自分へのご褒美で、美味しいかにで幸せな時間を過ごそう!

かにの甲羅についている黒いぶつぶつって何!?

かにの甲羅についている黒いのは何?

 

リジン
蟹の甲羅についている黒いぶつぶつについて見ていきます。

かにの甲羅についている黒いぶつぶつの正体は、

カニビル』!

 

↓参考画像(蟹の甲羅についている黒いぶつぶつがカニビル)

 

リジン
なんかぶつぶつが気になるかもしれませんが、このカニビルがある蟹は、
美味しい蟹の可能性がぐっと高まります。

なぜ、カニビルがあると美味しい可能性が高まるの?

蟹は、だいたい半年周期で脱皮を何度も繰り返して大きくなっていきます。
脱皮前の蟹は、甲羅も固く身もしっかりと詰まった元気な蟹です。

そして、カニビルは、甲羅が固い所にしか付着しませんので、

 

そのため、

カニビルが付いた蟹=美味しい良い蟹

とされています。

 

脱皮したての蟹は、甲羅も柔く、中身の身がしっかり詰まっておらず、カニビルも付着しません。

カニビルってそもそも何なの?

カニビルは、一言でいえば

カニに寄生する寄生虫」です。

 

ただ、寄生虫とはいえ、通常蟹についているカニビルは、
中身が殻の状態がほとんどです。

つまり、

基本的には、中身に何も入っていない状態で、害もありません。

 

確かに見た目が気になるかもしれませんが、美味しい蟹を選べる材料になりますので、
蟹を選ぶ際には、ポイントにしてもいいかもしれませんね(^^♪

 

次の記事へ>>>【動画あり】※閲覧注意|蟹の脱皮は命がけ!大きくなるのも大変